B型肝炎とは

 

B型肝炎とは、感染型のウイルスに関する病気です。
肝臓で炎症を発生させる病気で、致死的な病気に繋がることもあります。
青少年以上の人が初めて感染し、そこからキャリア(病気を持っている人・持ったことがある人)になってしまいます。
B型肝炎に一度感染してしまうと、性行為などによって相手に感染させてしまうことになるので、十分に注意しなくてはなりません。
青少年時期や若い時期は不特定多数の方と性行為を持つこともありますので、そこからB型肝炎に感染してしまう方も多いです。
もちろん不特定多数の方と性行為をした場合は、HIVに感染してしまう可能性も高くなるので十分な注意が必要です。


実際にウイルスに免疫があれば良いですし、抗体ができれば身体に大きな影響を及ぼすということは少ないです。
特殊な条件下でなければ症状の慢性化はしないので、まずは感染しないことを目標に生活していくことが必要となります。
しかし、海外のウイルスに感染すると、約1割が慢性化するとも言われており、危険な病気としても知れています。
1割ということは100人中10人は慢性化するということです。
こう考えると非常に多いことがわかります。


実際に日本にはたくさんの人口がいて、近年は海外との繋がりも多くなっているので、海外で感染したり、海外から日本にやってきて感染させるということも少なくはないです。
十分な注意を行いましょう。
このサイトではB型肝炎の特徴や症状、原因や予防について説明します。


▽Special Link
B型肝炎に感染してしまった方向けに給付金の受け取り方のアドバイスをしてくれる弁護士事務所です・・・B型肝炎 給付金